柴田町観光物産協会 > 観光スポット > 観る > 伊達政宗公騎馬像

ここから本文です

伊達政宗公騎馬像 ダテマサムネコウキバゾウ

柴田町出身の彫刻家 小室 達(こむろ とおる)氏が作成し、仙台城(青葉城)に設置してあった伊達政宗公騎馬像を3/4に縮小したレプリカ。
柴田町農村環境改善センターのロビーに保管されており、自由に見ることが出来るようになっています。

青葉城では真下から眺めるだけですが、改善センターでは横の階段から真横や真上からも見ることが出来ます。
(独眼竜で知られている政宗公が眼帯をしていないのは、遺言で「死後に制作される絵画などすべては両目にしてほしい」というものから。)

 

◆「小室 達 (こむろ とおる)」

東京美術学校を主席で卒業し、27歳の若さで日本美術界の地位を確立。
昭和10年に伊達政宗公300回忌の記念事業として、政宗公の銅像を作成し青葉城に据え付けられた。
昭和28年6月18日、肺結核のため58歳で没

名称 伊達政宗公騎馬像
所在地 宮城県柴田郡柴田町入間田外馬場220
交通アクセス
駐車場 有り
営業時間 9:00?17:00(但し夜間に貸館利用等がある場合は21:00)
休業日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)※尚、日曜及び祝日は貸館等の利用がない場合は閉館
ホームページ
問合せ先 柴田町農村環境改善センター 0224-56-4777

このページのトップへ